Portfolio

Liminal Air - Black Weight 

黒い紐の作品では“影を物質として捉えること”を試みました。
これは、空間における影(黒)の質量と空間との関係を可視化させ、圧力や重力を体験する作品です。
また、この中では、影の中をさまよい歩く人と、それを鑑賞する人という2つの視点が生まれます。
日常的に感じられる物質の存在ではなく、物質の対面にある影という存在を浮かび上がらせた時に、普段意識していない空間の質量があらわれます。

展覧会:存在と証明
会場:箱根彫刻の森美術館/神奈川
年:2012年
素材:ナイロン組み紐
サイズ:H320×W1080×D540cm
(ギャラリースペースH380×W1440×D900cm)
写真:永禮 賢

back